ミシンと糸とはさみ

年子の幼児2人を育てながら、趣味の裁縫・園芸・料理・製菓、色々やります。

【子連れお出かけ先情報】三重 鈴鹿サーキットの乗り物テーマパーク モートピアに行ってきました!

鈴鹿サーキットの遊園地を友人が絶賛して何度もオススメしてくれたので、初めて行ってきました。

電車や車や気球や飛行機などの“乗り物”をテーマにしたアトラクションが多く、思っていたよりずっと広くてびっくり。

ボタンやハンドルの簡単な操作で運転出来て、0歳から乗れるアトラクションが沢山あり、うちの3歳と2歳の乗り物大好き兄弟は大喜びでした!

少し大きい子を対象としたものでは、小学生以上からの本格的なレーシング体験や、3歳から子供1人で乗れる小さなパトカーやショベルカー、3歳以上で自転車に乗れる子なら運転出来る時速5kmで走るバイクなどがありました。今後も長いこと通って楽しめそうです。

また、園内全体においても、レストランにおいても、設備・サービス面で赤ちゃん連れ客への配慮が行き届いていました。

今回はそんな鈴鹿サーキットの乗り物テーマパーク、モートピアについてレポートしたいと思います。

乗り物(+無料のひろば)のレビュー

モートピアは夏期限定のプールエリアを含めて7つのエリアに分かれていて、それぞれ対象年齢が違います。幼児には0歳から乗れるアトラクションが多く集まっている「チララのハローガーデン」と、「コチラのプッチタウン」がおすすめです。まずはチララのハローガーデンに行ってみました。

でんでんむし

f:id:mokomokohappy:20211213015112j:image

料金︰400円/1人

定員︰4名

対象︰ひとり座りできる0歳から

でんでんむしのコースターに乗って、わりと長い距離を5分間ほどゆったり空中散歩ができます。レールの見た目はジェットコースター風ですが、ひとり座りのできる0歳児から乗れます。でも最後の最後ですこーしだけ緩急をつけて上下に波の動きで走るので、2歳の下の子が「キャー!♡」と歓声を上げていました。

f:id:mokomokohappy:20211213020227j:image

結構高いところを走るので、見晴らしがとても良く気持ちよかったです。高いところや絶叫系の乗り物が苦手なパパが固まっていて面白かった笑

f:id:mokomokohappy:20211213020525j:image

乗り物の外観を撮っていなくて残念。

このアトラクションは人気で15分くらい並びました(ちなみに行ったのは土曜日です)。

大人だけなら15分なんてあっという間ですが、幼児連れの、ただ待つ15分のなんと長いことか…YouTubeや幼児向けアプリで乗り切りました。でも、とても楽しかったので並ぶ価値ありでした。

ぶんぶんばちひろ


f:id:mokomokohappy:20211213135747j:image

料金︰無料

対象︰0~3歳

すぐ近くには無料で遊べる広場があります。

しっかり柵で囲われていて、勝手にどこかへ行けないので安心です。床もフニフニ感触の柔らかい素材。

お山や迷路、グラグラ石など面白い遊具があって、ここだけでずーっと遊べそうなくらいでした。


f:id:mokomokohappy:20211218011851j:image

↑こちらは蜂の巣ハウス。何回も入ったり出たりしてました。
f:id:mokomokohappy:20211218012136j:image

面白いのが、遊具一つ一つに目的や効果の説明がついているんです。どうやら大学との共同開発で作られた広場だそうです。

こういった無料の広場はチララのハローガーデンにもう1つ、コチラのプッチタウンにも1つ、合計3箇所あります。

 

コチラドライビングスクール

次にコチラのプッチタウンへ移動し、コチラドライビングスクールへ。


f:id:mokomokohappy:20211218093126j:image

料金︰400円/人

定員︰2名

対象︰ひとり座りできる0歳から

子供が運転し、大人が横に座って交通ルールを教えるという教習所ごっこができるアトラクションです。3歳のお兄ちゃんとパパが並んでいる間、ママと弟はすぐ横にあるトラクター型滑り台で遊んで待っていました。

f:id:mokomokohappy:20211218094100j:image

滑り台のあるところから奥へ行くとコース内が良く見えます。コース内に外国風の踏切があって、踏切大好きな弟はいつカンカン鳴るか見ていましたが、残念、この踏切はただの飾りで動きませんでした。

このアトラクションも人気で15分くらい並びました。自分で運転出来るので、すごく楽しかったようです。

 

チクタクトレイン

料金︰400円/人

定員︰4名

対象︰0歳から

1両だけの小さな電車の運転手さんになって、レールを走って時間通りに駅へ戻れるか挑戦!というアトラクションです。見た目は電車というより車ですが、写真とるのを忘れてました😅

ボタンで汽笛が鳴らせたり、止まることは出来ませんがレバーでスピードが調節できたりします。

こちらはそんなに混んでいませんでした。レールの上を走るだけなので、自分で運転できるアトラクションの方がやっぱり面白く人気のようです。逆に自分で運転するのが難しい0-2歳の子には、ボタンが押せて勝手に動く、こういう乗り物の方が楽しいと思います!

 

プッチオアシス

料金︰無料

対象︰年齢制限なし

コチラのプッチタウンにある無料の広場です。

f:id:mokomokohappy:20211219231701j:image

コロナでお水は抜いてありましたが、普段は裸足になって水遊びができるそうです。お着がえの用意が無くてもお構いなしで子供は全身ビショビショになると思うので、今回はお水がなくて本当に良かった…笑。お水が無くてもフニフニ感触の地面を楽しそうに駆け回っていました。
f:id:mokomokohappy:20211219231816j:image

回転するサボテンが4本立っていて、乗ってグルグル回ったりできます。お兄ちゃんはこれが気に入ってました。

幼児連れのためのサービス

幼児連れのためのサービスが色々用意されており、これは良い!と思ったものを一部ご紹介します。入園時にもらえるパンフレットや、公式サイトのこちらのページに詳しくは書かれています。

ハイハイスペース

「コチラのプッチタウン」の中にベビーセンターがあり、ハイハイスペースや授乳室、おむつ替え台などの設備が整っています。

まだ歩けないけど、ハイハイで動けるようになったばかりの子の中には、ベビーカーの中でずっと動けないのはストレスがたまる子もいます。うちの兄弟はどっちもそうでした!ハイハイで動かせてあげられるスペースがあると嬉しいですよね。ちょっとした遊具も置いてあります。こちらは0~1歳が対象です。

離乳食スペース

同じく「コチラのプッチタウン」のベビーセンター内の設備ですが、離乳食をあげられるスペースが3席用意されています。百貨店とかに時々ある、机に椅子型の穴が開いていて、子どもをスポっとそこに入れて対面で座って食べさせられる、動き回る子の親にはとってもありがたい仕様の席です。電子レンジもあります。

離乳食温め用の電子レンジは他にも園内に3か所あり、各飲食店舗でも対応可能だそうです。ありがたい…。

授乳室もここ以外に3か所も設置されています。

園内でのベビーグッズ販売

この取り揃え用といったらすごいんです。

離乳食(7・9・12か月)、オムツ(新生児~BIG)、おしりふき、粉ミルク、ガラス哺乳瓶、麦茶、おしゃぶり、フォローアップミルク、下着、服一式、靴下に靴、ベビーカー用のレインカバーまで!メインインフォメーションには大体全部そろっていて、他にも園内いくつかの場所で販売されています。

今回うっかり弟のオムツを忘れてきてしまったので、非常に助かりました!

こどもトイレ充実

園内のほとんどのトイレにオムツ交換台と子どもトイレ(小さいサイズのトイレ)が設置されています。すばらしい…。

迷子バンド

いざというときのために、名前と電話番号を書いて子どもの腕に巻いておくリストバンドが用意されています。入園するときにゲートで申し出れば無料でもらえます!

チケットについて

※記事に記載している、通常料金、クーポン、割引期間、割引条件、割引率等は随時変更される可能性があります。施設等を利用の際は念のため公式HP・割引対象サイト等で最新の情報の確認をお願いします。

入園料のみの場合(以下税込)

0~2歳は入園料・乗り物料金無料です。

3歳~未就学児は入園料800円、

小学生からは入園料1000円、

中学生以上は入園料2000円です。

乗り物フリーパス付きのチケットの場合
3歳~未就学児は2200円、

小学生からは3400円、

中学生以上は4800円になります。

結構高いですよね!そして、乗り放題チケットにしなかった場合、乗り物クーポン券を購入することになります。

乗り物クーポン券を購入する場合

2000円券(100円券×25枚)、

3500円券(100円券×45枚)、

5500円券(100円券×70枚)があり、

それぞれ500円、1000円、1500円分が購入金額にプラスで付いてきます。 今回は午後からの来園だった上、初めての来園でどれぐらい子供達が楽めるか不安だったため、乗り放題チケットにせず2000円券を購入しました。

どちらの方がお得?

フリーパス付チケットにしなかった場合、アトラクションは1人につき300円~1000円がかかります。3歳以上から必要で、子供も大人も同料金です。500円必要なアトラクションが1番多い印象です。

大人の場合、フリーパス付チケットと入園料のみのチケットの差額が2800円ですから、500円が必要な乗り物に7回以上乗るならフリーパス付の方がお得になります(2000円で2500円分の乗り物クーポン券が購入できるので、1回500円の乗り物には実質400円支払って乗ることになります。なので、6回では損になります)。

丸1日いても、付き添いの大人が7回乗るかは微妙なところです。夫婦で交互に子供の付き添いをするなら、乗り物クーポン券の方がお得かもしれません。

なお、3歳~未就学児の場合なら4回、小学生以上の場合なら7回以上でフリーパスの方がお得になります。子供はフリーパスの方が良さそうです。

(上記、当方算数が超苦手なので計算におかしなところがあったら教えてください)

まとめ

鈴鹿サーキットのテーマパーク モートピアは0歳から大人までと楽しめる対象年齢が幅広く、サービスが行き届いており幼児連れにはとてもおすすめです。

今回は午後からの入園だったため、乗ったアトラクションは3つだけでしたが、2歳と3歳児でも十分楽しめることが分かったので、次回は泊まりがけでガッツリ遊びに行きたいと思います~!