ミシンと糸とはさみ

年子の幼児2人を育てながら、趣味の裁縫・園芸・料理・製菓、色々やります。

【レシピ】唐揚げの最強漬けダレと美味しく揚げるコツ

f:id:mokomokohappy:20211117232906j:plain
超ジューシー&カリカリ激ウマ!このレシピで作ると夫と息子2人で取り合いになります。自分なりに見つけた唐揚げのつけダレと美味しく作るコツです。

鶏もも肉2枚を大きめに切る。

②ポリ袋に以下の材料を入れ、鶏もも肉を入れてよく揉み込む。15~20分程度置く。

  • ココナツミルク缶3分の2
  • ナンプラー大さじ2
  • ニンニク1片すりおろし
  • 生姜1片すりおろし
  • レモン汁大さじ1
  • カレー粉小さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • コショウ適量

《ポイント1:長く漬けすぎない》
長く漬けると鶏肉から水分が抜けてジューシーさが減ります。

③ポリ袋の中身をザルに開けて水気を切る。深さ1cmの量で揚げ油を加熱し始める。

④キッチンペーパーでお肉の水気をよく拭き、拭いたお肉から順番にバットに移していく。

《ポイント2:キッチンペーパーでお肉を少量ずつしっかり包んで、水気をよーく拭き取る》
ここを面倒がらずにきちんと時間をかけてやることで、カリカリ食感になります。
f:id:mokomokohappy:20211117225819j:plain
④もう1つのバットに片栗粉と小麦粉を同量ずつ広げ、お肉に粉をつけて揚げる。

《ポイント3:粉は1切れずつ揚げる直前にまぶす》
先に粉をつけた状態で揚げる順番待ちをさせているとカリッとなりません。

《ポイント4 :揚げ油にお肉を1度に入れすぎない》
鶏もも肉2枚なら3回くらいに分けて揚げます。

《ポイント5:揚げ油の温度は低めの160℃くらい》
中まで火が通る前に表面ばかり黒っぽくなってしまわないように、最初は低めの温度で。

⑤お肉を菜箸で持った感触が軽くなってきたら、温度を180℃くらいに上げ、きつね色になったら取り出す。

《ポイント6:菜箸で順番にお肉を持ち上げて空気に触れさせ、また戻すのを2周繰り返す》
こうすると二度揚げしたようにカリっとなります!
f:id:mokomokohappy:20211117225843j:plain

余ったココナツミルクは小鍋に入れて、お砂糖を小さじ2程を加えて温めて、食後のデザートとして飲んでます。スライスしたバナナを加えても美味しいです!

初めて実家を出て一人暮らしを始めたばかりの頃は、唐揚げを作るとつい火を入れすぎて黒っぽくなってしまったり、ベチャッとしてカリカリしてなかったり、味があまりしなかったりと失敗が多かったのですが、色んなサイトを見て回って自分好みのつけダレを完成させ、何回も作っているうちに得意料理になりました~!

息子2人が大きくなったら鶏もも肉2枚じゃ絶対足りなさそうです。大皿に唐揚げとおにぎりを山盛り作って、息子とお友達にお腹いっぱい食べさせるのがちょっとした夢なんです☺️